もりのこびとたちの誕生


代表の坂本千春は短大卒業後幼稚園、保育園、子育て支援活動の場で保育の仕事をしてきました。

その中で感じたことは、子どもは自分の好きなことに熱中できる時間は心が満たされ大きく成長するという事でした。

ありのままの姿を表現しとことん遊び込んでいる子どもの目はいつも輝いています。

子どもが子どもらしく過ごせる時間がその後の豊かな人生に結びついているように感じています。


また、自身の子育ての経験からも子育てをする仲間の必要性を強く感じています。

「子どもは一人で育てるものではなくみんなで育てるもの。」

「孤独な子育てから支え合う子育てへ」

皆が活き活きと過ごし、子どもの育ちを仲間とともに支えるコミュニティーを創ろうともりのこびとたちの活動が始まりました。



自然の中で・・・

四季折々の自然を肌で感じて過ごす・・・。自然の美しさや厳しさを教えてくれる森をフィールドにすることが、子どもの感覚を育てます。

風が吹きそよそよと揺れる木。虫の鳴き声があちらこちらで聞こえ、遠くで鳥が楽しそうに歌いだす。森に子どもたちの声が響き渡り笑顔があふれだします。

そんな環境で遊ぶ事で「自分も自然の中の一部である」という自覚が生まれ、自分たちの生まれ育った地に誇りをもって生きていけると信じています。だからこそ「もりのこびとたち」では森で遊ぶことが特別な事ではなく日常であってほしいと願うのです。


「​上手にできる事」よりも「楽しむ事」


「もりのこびとたち」では自分で遊びを見るけることを大切にします。それは子どもは、大人が与えたプログラムの中ではなく、自分で興味のある事を見つけ、とことん遊ぶことで心が満たされ満足感が得られるからです。

また、失敗や成功体験を繰り返すことで自信に繋がることでしょう。「自信」とは「自分を信じる」こと。自分を信じ、周りの人を信じる。そんな安心できる関係性は子どもの心を豊かにします。親も子も私たちも「失敗しても大丈夫。」「自分は幸せ」「自分が大好き」という気持ちを育みます。


現代の子育てと親子活動


もりのこびとたちでは「子育てしている親も子も支えたい」という想いから親子活動を大切にしています。

現代の子育てはこれまでとは違った大変さがあるように感じています。だからこそ、親同士が支え合い、助け合うコミュニティーが必要だと感じるのです。

森の中では、歩くと土の香りがし、木々が揺れ小鳥のさえずりが聞こえてきます。季節ごとに変化する虫や植物が美しく、心が癒されます。大地の恵みを頂き、お母さんたちが調理作業をしている横で、子どもは虫捕りに夢中になる姿を想像するだけで心が癒されわくわくします。

親も子も、自然の中で人間本来の感覚を取り戻しながら共に子どもを育て、自分を育てていく。

そんな場所を皆で創っていきたいと思っています。



森の幼稚園って?

森の幼稚園は1952年デンマークの一人のお母さんが自分の子どもと近隣の子どもを森の中で保育したのが始まりと言われています。

その後北欧を中心に自然の中での幼児教育や保育に共感する人々の間で広まっていきました。

日本でもたくさんの森の幼稚園が活動しています。

現在北海道でも森の幼稚園や自主保育という形で自然の中で遊ぶ活動をしている団体が活躍中です。


スタッフ

代表 坂本 千春

(さかもと ちはる)

【経歴】幼稚園3年・保育園7年・子育て支援1年

【保有資格】保育士・幼稚園教諭1種免許・地域子育て支援士2種・グリーフケアセラピスト

山木 文

(やまき あや)

【経歴】幼稚園2年・保育園7年

【保有資格】保育士・幼稚園教諭2種免許

施設の概要


設置者 : 坂本千春

管理者 : 坂本千春


建物・その他施設の規模及び構造

室名  保育室 / 1室 28.9㎡  調理室 / なし   便所 / 1室 4.9㎡   その他 / 88.8㎡

    合計 / 122.68㎡

屋外遊技場  有 986㎡

建物の構造 / 木造 2階建ての1階

建物の形態 / クラブハウス

立地場所 / 山林


施設の名称及び所在地

施設名 : 一般社団法人もみの木 森の幼稚園もりのこびとたち

所在地 : 〒064-0945 札幌市中央区盤渓433-3

電話番号 : 080-3293-2536

事業の開始日 : 令和2年4月13日

開所時間 : 【月・火・水】9:30~15:30

受け入れ年齢 : 2歳~5歳児

定員 : 7名

保育士人数 : 2名



定款

一般社団法人もみの木定款

第1章 総則

(名称)

第1条 この法人は、一般社団法人もみの木と称する。

(事務所)

第2条 この法人は、主たる事務所を北海道札幌市に置く。

第2章 目的及び事業

(目的)

第3条 当法人は、子どもの健やかな成長を支援すると共に、そこで携わるすべての人の健全な心と体の育成を支援し、社会に普及させることを目的とする。

(事業)

第4条 この法人は前条の目的を資するため、次の事業を行う。

(1) 幼稚園事業

(2) 一時保育事業

(3) 子どもの自然体験事業

(4) 子育てに関する情報提供やそれに伴った講座・セミナー事業

(5) この法人の目的を達成するために必要な事業

第3章 社員

(法人の構成員)

第5条 この法人は、この法人の事業に賛同する個人又は団体であって、次条の規定によりこの法人の社員となった者をもって構成する。

(社員の資格取得)

第6条 この法人の社員になろうとする者は、別に定めるところにより申し込みをし、代表理事の承認を得るものとする。

(任意退社)

第7条 社員は、別に定める退社届を提出することにより、任意にいつでも退社することができる。ただし、1カ月以上前に当法人に対して予告するものとする。

 (除名)

第8条 社員が次のいずれかに該当するに至ったときは、社員総会の決議によって当該社員を除名することができる。

一 この定款その他の規則に違反したとき。

二 この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。

三 その他除名すべき正当な事由があるとき。

(社員の資格喪失)

第9条 前2条の他、社員は、次のいずれかに該当するに至ったときは、その資格を喪失する。

一 総社員が同意したとき。

二 当該社員が死亡し、又は解散したとき。

第4章 社員総会

(構成)

第10条 社員総会は、全ての社員をもって構成する。

(権限)

第11条 社員総会は次の事項について決議する。

一 社員の除名

二 理事の選任又は解任

三 理事の報酬等の額

四 計算書類等の承認

五 定款の変更

六 解散及び残余財産の処分

七 その他社員総会で決議するものとして法令又はその定款で定められた事項

(開催)

第12条 社員総会は、定時社員総会として毎事業年度終了3カ月以内に招集する。臨時社員総会は、必要がある場合に開催する。

(招集)

第13条 社員総会は、法令に別段の定めがある場合を除き、代表理事が招集する。

第14条 総社員の議決権の10分の1以上の議決権を有する社員は、代表理事に対し、社員総会の目的である事項及び招集の理由を示して、社員総会の招集を請求することができる。

(議長)

第15条 社員総会の議長は、当該社員総会において社員の中から選出する。

(議決権)

第16条 社員総会における議決権は、社員1名につき1個とする。

(決議)

第17条 社員総会の決議は、法令又はこの定款に別段の定めがある場合を除き、総社員の議決権の過半数を有する社員が出席し、出席した当該社員の議決権の過半数をもっておこなう。

2 前項の規定にかかわらず、次の決議は、総社員の半数以上であって、総社員の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行う。

一 社員の除名

二 定款の変更

三 解散

四 その他法令で定められた事項

(議事録)

第18条 社員総会の議事については、法令で定めるところにより、議事録を作成する。

2 議長及び出席した理事は、前項の議事録に記名押印する。

第5章 役員

 (役員の設置)

第19条 この法人に、理事3名以上6名以内を置く。

2 理事のうち1名を代表理事とする。

3 代表理事以外の理事のうち1名を業務執行理事とする。

(役員の選任)

第20条 理事は社員総会の決議によって選任する。

2 代表理事は理事の互選によって理事の中から選定する。

(理事の職務及び権限)

第21条 理事は法令及びこの定款で定めるところにより、職務を執行する。

2 代表理事は、法令及びこの定款で定めるところにより、この法人を代表し、その業務を執行し、業務執行理事は、別の定めるところにより、この法人の業務を分担執行する。

(役員の任期)

第22条 理事の任期は選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時社員総会の終結の

までとする。

2  補欠として選任された理事の任期は、前任者の任期の満了する時までとする。

3  理事は第19条に定める定数に足りなくなる時は、任期の満了又は辞任により退任した後も、新たに選任された者が就任するまで、なお理事としての権利義務を有する。

(役員の解任)

第23条 理事は、社員総会の決議によって解任することができる。

第6章 資産及び会計

(事業年度)

第24条 この法人の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(事業報告及び決算)

第25条 この法人の事業報告及び決算については、毎事業年度終了後、代表理事が次の書類を作成し、定時社員総会に提出し、第1号の書類についてはその内容を報告し、第2号及び第3号の書類については承認を受けなければならない。

(1)事業報告

(2)貸借対照表

(3)損益計算書(正味財産増減計算書)

2 前項の規定により報告され、又は承認を受けた書類の他、定款及び社員名簿を主たる事務所及び従たる事務所に備えおくものとする。

第7章 定款の変更及び解散

(定款の変更)

第26条 この定款は、社員総会の決議によって変更することができる。

(解散)

第27条 この法人は社員総会の決議その他法令で定められた事由により解散する。

(残余財産の帰属)

第28条 この法人が清算をする場合において有する残余財産は、社員総会の決議を経て、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律第5条第17号に掲げる法人又は国若しくは地方公共団体に贈与するものとする。

第8章 公告の方法

第30条 当法人の公告は、電子公告により行う

一般社団法人もみの木

森の幼稚園 もりのこびとたち

札幌市中央区盤渓433-3

080-3293-2536